タバコとニキビの関係

MENU

ニキビと言えば顔に出来るものというイメージが強いですが、お尻ニキビで悩まされる人も少なくありません。
普段は隠れている場所ですが、恋人がいる人などは相手の目も気になり、早めに治しておきたいものです。
そもそもお尻ニキビの原因は、生活習慣の乱れです。
特に食事内容がダイレクトに関係しており、ジャンクフードや脂っこい食事を好む人はニキビが出来やすくなります。
油分を多く摂り過ぎる事によって、肌から油を出そうとする結果、毛穴を詰まらせてしまう事が原因になっています。
またタバコを吸う人もお尻ニキビが出来やすい傾向にあります。
タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させ血行を悪くするため、お肌のターンオーバーを低下させます。ターンオーバーが低下すると古い角質が肌からはがれにくくなるため、毛穴を詰まらせてしまうのです。
またタバコはお肌に大切なビタミンCを破壊させます。ビタミンCにはニキビケアに必要な様々な働きがあるのですが、破壊される事によってニキビが出来やすくなり、被害を拡大させてしまう事もあるのです。
タバコによって大量の活性酵素が発生する、また煙によって肌が敏感になる、などお肌にとって良い事は一つもありません。
そのためニキビで悩んでいる人は、早急にタバコを止める事が先決です。
またお尻ニキビの対策としては、ビタミンを多く含む食べ物を積極的に取りいれる事です。にんじんやほうれん草など色の濃い野菜は肌のターンオーバーに有効的です。
根菜類など食物繊維が豊富な食べ物は、腸内環境を整え、その結果ニキビが出来にくい体質へと変えてくれます。